トップ / 賃貸でまず考えること

賃貸でまず考えること

賃貸で知っておくこと

解約

賃貸契約の敷金について確認

賃貸契約の初期費用のひとつに、敷金があります。敷金は、家賃の担保やその賃貸物件を退去する時の原状回復費用に充てられるお金です。つまり、気をつけて家賃の滞納もせず、また部屋をきれいに使えば敷金は多く戻ってくる仕組みです。この敷金の使途については、契約書に記載されています。例えば、退去する時には部屋のクリーニング代金を敷金から支払うことがあらかじめ決められていることもあります。解約する時にトラブル発展しないよう、契約書の敷金の項目ついては必ず把握しておきます。

賃貸契約では旧居の手続きも

賃貸契約をするにあたり、現在住んでいる物件も賃貸であれば旧居の解約手続きが必要です。解約手続きについては、契約書に明記されており退去の申し出をいつまでにしなければならないかが定められています。一般には解約したい日付の1か月前までとされていますが、中には2か月あるいは3か月前と決められている物件もありますから注意が必要です。この、契約書で明記されている期間までは家賃を納入しなくてはならないので、二重に家賃を支払う期間をできるだけ短くするよう契約書をよく確認しなくてはなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸を少しでも安く借りる裏技. All rights reserved.