トップ / 賃貸を借りる際の違約金について

賃貸を借りる際の違約金について

賃貸の違約金について

解約

賃貸の契約に盛り込まれる違約金

敷金や礼金が盛り込まれない賃貸の契約の場合、契約書には分かりにくい形で違約金が盛り込まれる場合があります。敷金や礼金は、元々は使用した物件の修繕などの費用に当てられますが、事前に敷金を必要としない場合は賃料などに加算する形で契約をしてくる業者もいます。敷金などが発生する場合は賃貸の契約の時に、消耗品費や修繕費などが発生する事を見込んで請求します。退去時に修繕などが必要な場合に違約金という名目で、修繕費などを請求する業者も存在します。退去時に円満な状態を保つために、契約書を確認しながら不動産の担当者としっかり内容を確認したり、不可解な事は相談を行っておく事が大事です。

申し込みと違約金について

不動産は、一物一価という言葉があり、商品のように同じものは二つとありません。 賃貸でも売買でも、一人限りです。 物件を探している人は、立地や広さなどの条件と価格のバランスでより良い物件を求めていますが、一方で、オーナーは、一人のお客さんと賃貸契約や売買契約を結びたいと考えています。 物件をさがしていて、迷っているとその間にほかの人が契約してしまうこともあるので、気になる物件は仮契約や申し込みをしておきたいところです。 しかし、その結果、より良い物件が見つかって、契約に至らない場合は、違約金が必要になることがあります。 仮申し込みでほかのお客さんを断るなど、機会の損失があったことへの対価です。 申し込みをするときは、もしも解約した時の違約金を確認しておくと安心です。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸を少しでも安く借りる裏技. All rights reserved.