トップ / 賃貸物件を退去する際の注意

賃貸物件を退去する際の注意

賃貸を退去する際には

解約

賃貸物件の解約について

賃貸物件の解約については、通常はいつでも好きな時にすることができますが、契約時に渡された重要事項説明書に解約についての内容が書かれています。普通は、退去する月の1カ月前には管理人か管理会社に申し出る必要があります。この場合、電話をすると数日後に書面が送られてくる場合と、書面は契約時に渡され、借り主の手元にある場合があります。賃貸物件を退去する月の1カ月前に申し出る必要がある理由は、貸主としては出来るだけ空室を作りたくないからであり、次の入居者のことを考えると1ヶ月という期間が妥当になるわけです。

住宅を解約する場合には

賃貸住宅を解約する場合どのタイミングでするべきでしょうか。普通は契約をする時に渡される重要事項説明書かそれと一緒に渡される解約通知書に書かれていることが多いですが、普通は退去する1か月前にはオーナーや管理会社にその旨伝えないといけません。ただし、電話で伝えればよいというオーナーや管理会社がある一方で、電話ではなく通知書などの書面を提出しなければいけないところもありますので、必ず賃貸住宅を退去するときには確認をしておきましょう。注意点は引っ越しをする1か月前ではなくその建物のカギを返す1か月前という点です。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸を少しでも安く借りる裏技. All rights reserved.